生産工程管理 (金型加工など)

生産工程管理システム(金型加工など)

生産工程管理システム(金型加工など)icon

スケジュール管理をスムーズにする使いやすいシステムを、
現在出来る所から順番に作らせて頂きます。

製造業様におかれまして、生産上の問題になることは、以下の様な事が有ると思われます。

  • 生産スケジュールが規則正しく作成できない ・何時も直近の作業に追われている
  • 納期遅れが時々ある ・納期の回答がすぐできない
  • 工場の中は作業者に任せきりに成っていて、病欠等の場合に大変困る

社内の生産管理システムを標準化する事は、データーの蓄積と時間が必要です。現在出来る所から着手する必要が有ります。一度に全システムの運用は不可能かと思います。
従業員一人一人に、標準化とシステム化を理解して頂く必要が有ります。各企業様や工場には個性が有ります。
良い個性を残しつつ、標準化を行う為には、どうしてもセミオーダーに成るかと思います。生き残る為に当システムを導入頂く企業様・工場様が増えています。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

見やすい画面レイアウト

各種マスタや台帳など、一覧参照と詳細画面をタブで分ける等、使い勝手や見やすさ等を考慮したレイアウトになっています。
各画面にて検索機能もあり、大量のデータの中から参照したデータを素早く見つけられるようになっています。

現場機械の使用状況視覚図

現場での作業について、各機械ごとの仕様状況を確認できます。
作業中、待機中、中断中と、色分けをし視覚的に見やすくなっています。
現場の機械の配置が変更となった場合でも、システム上から位置の変更も可能です。

バーコードによる入力の簡略化

工程票や作業表等にバーコードを設けることで、現場での作業開始登録や作業完了登録、事務所での作業において、入力の手間を省きます。

タブレット端末にも対応可能

現場にタブレットPCを導入し、作業を行う前に機械のそばから、加工図面の確認をするなど、作業効率向上に向けたお客様のニーズに合わせてシステムを構築します。

システムの構成

受注管理

親会社や得意先からの受注データを管理します。EDIなどの形式のデータの取り込みにも対応します。
受注データの納期をもとに、各作業工程の生産能力を考慮し、各工程の作業着手予定を設定します。
実際の作業実績についても同一画面から確認でき、受注に対しての作業状況も把握しやすくなっています。

工程別付加計算

各工程別・機械別に指定した期間の付加状況を計算します。付加が工程の能力を超えた場合は、
社内納期を変更します。

工程別機械別生産予定表の作成

工程別付加計算が工程付加に満足したら、工程別機械別生産予定表を作成します。 (工程計算では、材料入荷・未入荷に対応しています。

材料入荷と工程別機械別データの入力

材料が入荷した時点で工程別・機械別に作業指示書が作成されます。(バーコード付)
各工程機械別作業者は、バーコード読みとり入力により、誰が・何時・何処で・何の作業を行うかを入力します。
トラブル発生による停止も同様に入力します。完成時も同様です。

工程別機械別進捗管理

各工程機械別にデーターが入るため、リアルタイムに何処の工程で、どの機械が何をしているかを把握する事ができます。

出庫納入管理

出庫した加工品データーを入力します。

PAGETOP
Copyright © 株式会社OAビジネスサポート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.